こちらに引っ越しています

| | コメント(0)

こちらに引越し作業中です。

http://sasalogs.exblog.jp/

前回の西黒尾根でなんとなく馬蹄形のイメージがつかめたことから、以前の笠ヶ岳で引き返してきた教訓も活かしながら、とりあえず半周してみようと計画を立てた。

 

当初は土曜日を予定していたが自宅への戻りが21時ということと、なんとなく気が乗らなかったことから、7月17日(日)にしてみた。

 

 

予定では土合駅~白毛門~朝日岳~清水峠~七ツ小屋山~蓬峠~土樽駅~土合駅

 

 

2011年7月17日(日)


 2時15分 土合駅
 2時45分 馬蹄形の看板
 3時45分 桧のウロ
 4時45分 松ノ木沢頭
 5時55分 白毛門
 7時15分 笠ヶ岳
 9時15分 朝日岳
11時45分 清水峠避難小屋
13時00分 七ツ小屋山
14時20分 蓬ヒュッテ
17時00分 林道終点
17時45分 土樽駅
18時12分 電車
18時22分 土合駅

 

とくかく家に居ても暑い 水だけはたっぷり持っていこうと思い、家で凍らせた水2ℓ×2本  途中のコンビにで1ℓ×1本   オレンジジュース0.5ℓ×2本   途中の水場で随時調達  おにぎり3個 サンドイッチ1つ ソーセージ1本 

 

いつもブユにやられて手足をパンパンにするので、疑心暗鬼ながら買った「ポイゾン・リムーバー」

 

長い行程であることから写真を撮る時間が少ないだろうと思い、コンパクトデジタル(FINEPIX F550 EXR)を新規購入 重くても性能がよいデジタル一眼がいいか、軽くてそこそこのコンパクトデジタルがいいのか  両方とも、しっかりと使えれば問題はないのであろうが・・・・

 

 

 

 

 

とにかく暑かった  参りました


 

夏のお花畑  これもいいもんです

先週に引き続きの山歩きである。1週間後には梅雨明けとなる予報がでているが、雨に降られてもそれは良しということで、比較的歩き甲斐のある谷川岳に出かけた。

 

当日は山開きで、比較的多くの人が早朝から歩き始めていた。

 

登山指導センターによって登山カードを提出  待合室では食べ散らかし・飲み散らかしのまま寝入ってしまったおじさんが数名 なんとかならぬものかと思う

 

 

2011年7月3日(日)


 5:25 登山指導センター 出発
     (西黒尾根)
 7:45 ラクダの背 通過
10:30 奥ノ院
12:25 肩ノ小屋
14:45 熊沢避難小屋 (強い雨)
14:35 ロープウエイ駅 到着

平標山のお花畑  

| | コメント(0)

この前に来たときは、えらい雨と風でほうほうの体で帰ってきたが、今日はどうだろうか?

 

駐車場で身支度を整え、松出山登山口にとりつき、のぼり始めるが、結構きつく、数分で長袖シャツを脱ぐ。


最近は全く運動していなく、生活も不規則であり、鉄塔の手前で少し戻した。こんなんでいけるのだろうか?途中でダメだったらもどってくればいいや そんな弱気の声がする

笠が岳

| | コメント(0)

2011年6月5日

 

 

10:05 笠が岳 山頂

 

遠かった  

 

ペースを上げすぎたためだろうか 白毛門山頂を下り始めても力が入らない

 

はぁ もぅ いいよ  かんべんしてくれよ

 

とぶつぶつ言いながら 後を振り返ると 追いつきそうなペースで後続がやってくる

 

 

もう少し もう少し 10歩 歩いて休み 10歩歩いて休み  

 

 

なんとか到着した

 

 

 休憩していると両脚が攣った

 

 

朝日岳(笠ヶ岳から) 20110605.jpg

 

あれを越えて、土樽駅まで行く予定であったが、誤算も甚だしい

 

天気は良くない 山頂では4人の登山者に合流

 

1組の夫婦が 朝日岳からやってきてまた下っていった

花にはちょっと早かった

| | コメント(0)

関東地方も梅雨入りしたとのことで、天気はあてにせずに、出掛けてみたが、また山には雪が沢山残っていた。

 

あと2週間位は必要だろうか。シャクナゲも花を咲かせているものはほとんどない。ミネザクラも咲き始め。

 

 

風雨が強く、仙ノ倉岳はあきらめたが、結果良かったのかも。

 

浅貝のゲレンデに降りてきたら、地元の人がわらびをとっていたので、自分も加わる。小学校に上がる前のことだろうか、母親と親戚のおばさんと一緒に、赤城山にわらび取りに行ったことを思い出した。

 

都合良く、5分も待たずにバスがきて乗れることができた。これがなかったら、帰りは1時間は遅れたろう。交通の便をよく見ておくことも必要。

 

雨が強い時はマクロレンズではピントがぼけることを実感。もう少し、基礎を固めることが必要だろう。

 

平標山の家から大源太山の尾根にそこそこ咲いていたので、それで良しとしよう。三角山~浅貝のゲレンデは急だった。ブナ林は見ごたえがあった。

 

 

5月の白毛門

| | コメント(0)

結果はどうであれ、何事もやってみないとわかりません。

無茶をしてもいけないし、臆病すぎてもいけないし、そのへんの塩梅加減が微妙である。

 

行きの、松の木沢の手前にある雪上でずりおちて意欲喪失したものの、いっぽいっぽ進めたら、なんとか行けた。


つらい時には わざと だらけてみる

  

やってられねぇよ と言いながら 崩してみる

 

そうさえしていれば、その時間をちゃんと稼いでいく

 

そして目途が見えたら また 本気になればいい

 

 

 

 

 

 


なんて考えた至仏山行きでした

4月を振り返り

| | コメント(0)

あっという間に1月・2月・3月・4月と、4カ月、一年の3分の1が過ぎてしまいました。

 

◆中小企業支援ネットワークアドバイザー

4月から「中小企業支援ネットワークアドバイザー」なる肩書を頂き、活動しています。鶴の頭の部分から、鶴の尾っぽの先まで、県内を飛び回っています。お声掛けください。

 

◆東日本大震災

今でも余震が続く中、自分なりに今の足元を見直して、次のステップを考えていきたいと思います。「がんばれ!ニッポン」ではなく、一部分は自分のこととして「がんばるニッポン!」を、自分なりに創っていこう。

 

 

 

2月・3月を振り返り

| | コメント(0)

随分とブログをさぼってしまいました。


確定申告が終了して、さぁ遊ぶぞ、と思いきや、大変な事態になってしまいました。

 

何を言っても、軽々しく聞こえてしまいます。

 

 

 

 

 

春は来る

| | コメント(0)


ガソリンが無くなるな~と思いながら、国体道路を北から南下中、敷島公園の横を通ったら、1本の河津桜が満開だった。

 

 

横を見回すと、反対側の木にもちらほらと。

 

 

 

言葉になりません。

「銀祝」

| | コメント(0)
大学を卒業してから25年。そんなに経ったのか。

高崎の司法書士の先生のところに行く途中。先生の事務所の前に車を止めたところ、ばかに車が揺れる。

 


車が上下に弾んでいた。

 

先生の事務所の中を覗き込んだら、先生が椅子につかまっていた。

 

上からパラパラと細かいものがフロントガラスに落ちてきた。


その後、事務所に入り打ち合わせを始めたが、断続的に大きな揺れ。

 

 

明日にはとんでもないことになっている。阪神の時もそうだったと想い出した。

3年1組 藤沢クラス

| | コメント(0)


故・藤沢先生を偲んで開かれたクラス会が15年前。

 


「女衆(おんなし)が開くべぇって言っているけど、これるきゃあ?」と、前回と同じクラスメイトが誘ってくれました。

 


平成23年2月11日 元総社町 チョイスにて

本日(平成23年2月21日)、群馬県産業技術センターにて、

「平成23年度 経済産業省及び群馬県における開発助成制度説明会」

 

が開催されましたので、参加してきました。

最近の様子

| | コメント(0)

年の足利フラワーパークで買い求めたシクラメンがまた勢いをまして花を咲かせている。


あまりにも部屋の中が乾燥しているので加湿器を入れたが、それが良い結果になっているのか。

 

足利フラワーパークのシクラメン.jpg

 AF VR-NIKKOR 80-400mm 1:45-5.6

 

 

早くデビューさせたいものである。どんな景色が撮れるのだろうか。花の時期が待ち遠しい。

 

 


2月から確定申告モードに入り青色申告会での確定申告相談やら、個人の確定申告相談やらで、土日がない状態が続いています。

やっぱり嬉しい 官報掲載

| | コメント(0)


駄目かなと思っていた「通訳案内士」試験

 

2月4日に合格発表がありました。

1月を振り返り

| | コメント(0)

どたばたと、群馬県内を駆けずりまわっておりました。



いろいろな方から、お声をかけていただくのは本当に有難いことです。

土曜日の夜は・・・・

| | コメント(0)

田舎暮らししか知らなかった自分が初めて東京に出て、同じ学年の友達等と交わるようになって、次第に都会文化に慣れつつある頃。

アイテム

  • バレリーナ.jpg
  • 20110724ハクサンコザクラ 一ノ倉岳を過ぎたところ.jpg
  • ニッコウキスゲを抱く笠ヶ岳.jpg
  • ニッコウキスゲの群落 笠ヶ岳を降りたコル.jpg
  • ヨツバシオガマ&クチバシシオガマ.jpg
  • 肩ノ小屋をおりたところ.jpg
  • ムシトリスミレ.jpg
  • 稜線のハクサンチドリ.jpg
  • 万太郎山への稜線.jpg
  • クチバシシオガマ 2.jpg

ウェブページ

  • amazon
  • jpeg
  • pdf
  • photo
  • 新聞記事
  • 海外の写真
Powered by Movable Type 4.13